役に立つ情報fan8!

年間を通して役に立つ情報配信!

梅雨時期の湿気対策で快適生活に近づける!

   

スポンサードリンク

毎年毎年、5月が近づくにつれ「もう梅雨の時期か」と気持ちが滅入りますね。

しばらく続く雨はそれだけで気持ちを暗くして、ますます部屋の中がジメジメしているとカビやダニの不安も増えて、

なお一層気持ちが参ってしまいますよね。

だけど、ずっと黙っていても梅雨は簡単には去っていってくれないのです。

ちょっとでも快適に梅雨の時期を過ごすために、除湿や湿気対策法をしてみるのはどうでしょう。

湿気が気になる原因 高温多湿の日本の夏季ですが、それはそれで梅雨状況の湿気には気持ちが滅入りますね。

雨が降っているせいもあるのですが、どうして梅雨時に成るとこんなにも湿気が高くて、

不快と感じるのでしょう。

空気はその時点での温度によって、空気の中に含んでいる水分の量が変わっていきます。

低い温度だと含むことが可能な水分量が少なくて、

温度が高くなるにつれ同じ量の空気の場合でもかなりの水分を含むことが出来るようになるわけです。

その為気温10℃の時の「湿度50%」と気温25度の際の「湿度50%」ならば同じ50%の湿度だけど25℃の方が空気中には大量の水分を含んでいるわけです。

結果、温度がアップする6月や7月は空気自体に含まれる水分量がいっぱいなるため、

体感として湿度が高くて「湿気がある」と感じているわけです。

ここで今回は、梅雨の時に感じ取るからだの不快な思いや正しい湿気に備える為の方法について探してみました。

 

湿気が健康に及ぶ影響とされるのは?

どうして湿気対策をした方が良いのか?

湿気と言ったら、女性には髪が膨れる、化粧が落ちがちになるなどといった理由で嫌だと感じている方は多いそうです。

しかし、じつは湿気は梅雨時に感じ取る「なんだか体がだるい、気分がすぐれない

という体調不十分の要因であるということは、意外に知られていない現実なのです。

湿度が高すぎると、発汗が上手く働くなり、体温の調整として影響がおこります。

そうして、体温が下がることがないと人は暑さを感じがちになってしまうから体が水分を求め、

冷たい飲物を多量に飲むことになってしまい、これが結局体を冷やすことが考えられます。

このような事から、自律神経などといった乱れが起こって、「やる気が起きない、日々起きることが辛い

といった状態になってしまうのです。

 

部屋のどんな場所を湿気対策していけば大丈夫なの?

家の湿気対策で、最も効果があるのは「換気」なんです。

日中在宅している場合は、2~3度ぐらいあたりを見て窓を開け、

部屋にたまった湿気を外に逃がすことが大切になります。

また、窓だけに限らず、

人が出入りしない和室や寝室、または押し入れの襖とかも開けて空気の入替えをやることが必要です。

この場所は忘れやすくなり、気付いた時にはカビだらけといったこともあり得ますから、

窓を開けたら目立つ部屋のドアも一緒に開けていく習慣をつけることがいいでしょう。

 

部屋にいるのと外出時の湿気対策?

部屋にいる場合の湿気対策 換気が必要であるというという事は上記で触れました、

それ以外にも一定の対策をすることにより湿気を溜めない状態にすることが出来ます。

例として、梅雨の時期には洗濯物を部屋干しするのも多いと思いますけど、

その際できる限り換気扇のある浴室や日光のあたる所に干すなどして、

湿気が拡大するのを防ぎたいものです。

さらに、暑くて空調を使う場合ドライ機能を活用する、

それでも湿度が高いと思った場合除湿機を利用するなども実用的です。

外出する時の湿気対策については! せっかくいい感じにまとめたというのに、

外に出て帰ったら髪が膨らんで無残な結果にという経験は女性だったら必ず一度はあると思います。

湿気に弱い髪になる原因は自然乾燥とブラッシングが足りないことです。

いずれも「ドライヤーは髪に良くないから」「ブラッシングし過ぎると髪が傷む」と考えられていますが、

実はその逆なのです

タオルドライ程度乾いた髪は、キチンとドライヤーをすることによりキューティクルを守ります。

除湿機を使った対策 梅雨や雨の多い時期、冬にも湿気の問題を抱えている部屋だと除湿機が効果があります。

除湿機を取り入れる時には1年中使用しやすいデシカント式やハイブリットタイプ、

比較的に温度が多めの梅雨の時期や雨が多い夏の時期にはコンプレッサー式等を選択します。

コンプレッサー式はエアコンの除湿と一緒になり、水気を取りこみ冷やして除湿します。

空気を冷却する事から低温の冬よりも気温があり湿気が多くなる時が強みになります。

デシカント式は大気中の水分を吸湿して、

吸湿した水気を熱で蒸発させる事により乾燥した空気をふきだします。

吸収して蒸発した水気はまた冷やされて水分としてタンクに留まります。

除湿機を動作させる事で熱を出してしまう事から、夏場ではない季節に向きます。

ハイブリットタイプだと夏に強いコンプレッサー式と気温が低い時に強いデシカント式を含めた除湿機になり、

1年中使う事ができます。

湿度の高いベトベトだと感じる時に家にいるならば、

出来ればクローゼットや押し入れ、

下駄箱を開いて空気を流れるように気を付けながらいるんですが開けっぱなしの部屋はあまり心地の良いものではないのです。

だとしても閉め切ってしまう場合は、頭を抱えたくなる程のカビが発生する箇所もあるため注意が必要です。

 

湿気との戦は結局のところ「まめさ」が大事になるのじゃないかと思っているのです。

まめな換気、まめに湿気の状態や湿気とりの確認となります。

 

対策のまとめ

湿度の高い梅雨の時期は、その事実だけで気分がとってもブルーになってしまいますが、

そのような時期をちょっとでも明るく健康に乗りきれるように、

湿度対策はキッチリと行ないたいと考えます。

夏の違和感の原因は暑さよりも『湿気』であると考えられます。同じ温度でも、

湿気があまりない国ではエアコンなどは必要がない・という話もあるくらいですから・・・

いろいろと試して、すっきり気持ちの良い夏を過ごせるように頑張ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - 情報, 梅雨