役に立つ情報fan8!

年間を通して役に立つ情報配信!

6月の沖縄が熱すぎる第1弾

   

スポンサードリンク

6月の沖縄が熱すぎる第1弾

糸満ハーリー ハーリーが開催されることは旧暦の5月4日なのですが、

近年では毎年ゴールデンウィークに開かれる那覇ハーリーがあるようにどちらかというと観光行事として行っている地域もあります。

日程 2017年5月29日月曜日会場 糸満漁港中地区 糸満ハーレーは、

以前から「海人のまち」呼ばれる糸満のビッグイベントだ。海の恵みに感謝し、

一層の大漁と航海の安全、家内の安全と健康を祈願済ます祭祀でもある。

昔からのしきたりを重んじて、今になっても旧暦5月4日のユッカヌヒー(四日の日:よっかのひの訛り)に開かれている。

楽しみは、西村・中村・新島の3つのムラ(古い時代の集落)に分かれ、伝統衣装を身にまとって勝敗を争う競漕。

 

スピードを競って白熱するレースの様子は当然だが、各ムラのアンマー(お母さん)たちが、

太鼓をたたいて歌い踊る声援合戦も見ものである。朝から夕方まで続くプログラムに、

地区の企業による職域ハーレーや、観光客も参加できるアヒル取り競争などイベント的なものもある。

糸満市というのば場所がら海人が多くハーレーも糸満市の3ヶ所で行われている。

糸満ハーレー、名城ハーリー、それに喜屋武ハーリーの3ヶ所ですね。

その中でも一番歴史が古いのが糸満ハーレーなのです。

 

そしてハーレー(ハーリー)は、

何処でやるのも同じではありません。 糸満ハーレーの見どころの一つとして「クンヌカセー」があるのです。

クンヌカセは、故意に船を転覆させるといった斬新な競技で、転覆させた後、

もう一回船を起こして漕ぎ出すといったかなり疲れそうな競技なんです。

普通に漕いでスピードを競うなら腕自慢と連携が物をいいそうですが、クンヌカセ?は、

それに加えて言うなら素早く船を引き起こし、全員が手っ取り早く乗り込まなければ行けません。

だから、力ばかりじゃ勝負が決められない見ていてわくわく感を楽しむことができます。

 

アガイスーブ

このアガイスーブは糸満市の西村、中村、それに新島の3つの村で対抗戦をやる競漕です。

そして一押しの楽しみは長距離の戦いだから最初トップでも途中で力尽きると巻き返しもあるから手に汗握ります。

アガイスーブは、距離とすると2160mあるから他の競漕より倍以上の距離を漕がなければいけないのです。

きっと、ゴールが相当遠くに感じると考えられます。

 

まとめ

開催場所は糸満漁港で、

競技は朝10時からスタートされます。

ウガンバーレーから始まり、アヒル取り競争、クンヌカセー(転覆競争)、

門中ハーレー、最後にアガイスーブまで見どころが数多く。

応援していた観客も感動で涙を流す

スポンサードリンク

 - 情報, 沖縄