役に立つ情報fan8!

Useful info!年間を通して役に立つ情報配信!

何もしたくなくなる5月病、原因は?対策に関しては?

      2017/08/09

sponsordrink


何もしたくなくなる5月病、原因は?対策に関しては?

原因としては「ストレス」なのです。

4月なので新たな環境になるので、いろいろと新たな刺激が自分のもとにやって来ます。

新たな人物との出会いだったり、日々の生活の変化であるとか、通勤・通学の場所の変化だったり。


 

そのようにゆう新しいものがドーッとやってきたところで、

人はどうにかその環境の変化に適応しようとするようですが、

それはホントにストレスになるみたいです。

 

学校でしたら新しいクラスに馴染めるよう友達に合わせたり気を使ったり、

会社であれば入社した会社の上司に気配りしたり、

顔色を伺ったり、更には後輩が入ってきたり、満員電車の通勤となったり、

 

なにやら歓迎会のようなイベントも様々開かれますよね。

人は基本的には「自分らしくいられる」とストレスは感じませんが。

自然体で、ありのままで居られることこそが一番ノンストレスなのでしょうね。

しかし新しい環境だとそうはいかなく。

初めから自分らしさ全開で自然体でいられる人ならいいですが、

なかなかこういったメンタルの人はいませんよね。

相手がどういう人なのか探ったり自らのポジションを探したりもすると言っていいでしょう。

 

そういうことが1ヶ月も続くと5月始めのGWあたり

「大型連休」というお休み処がやってきたところでプツンと気持ちがと切れて気力を失う。

今までの精神的疲れがどっと出てくる。

という原理で五月病になるといわれているようです。

 

特に気おつけなければならない人は、

・几帳面でキッチリしてる

・真面目

・完璧主義

・責任感が強い

・内向的、感情を表に出さない

・周りに合わせる、気にする

予防法はあるのか?

1人で問題をため込まないで、周りに相談をする、人となるべく多く話をする。

食事に関していうと、バランスよくドカ食いなどは、避ける。

ON、OFF、の切り替えを取り入れる仕事などを、ひきづらない。


問題なのが、睡眠、寝つきが悪く、眠りが浅いなどは、注意が必要で、

疲れが取れずに、脱力感から、何に対しても、やる気がなくなる恐れがあるので、気を付けましょう。
まとめ
普通に規則正しく、身体に負担をかけないのが、いいようですね。

無理をしない、悩みなども抱えないで余裕をもって、

生活していけると 5月病も乗り切れそうです。

温泉やマッサージなどで、リフレッシュして頑張りましょう。


sponsordrink

 - 5月病, 情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。