役に立つ情報fan8!

年間を通して役に立つ情報配信!

熱中症の要注意症状と緊急事態にならないための熱中症対策とは!

      2017/06/15

スポンサードリンク

夏の間、数時間屋外にいる場合、気分が悪くなったことはないだろうか。

それはひょっとしたら、熱中症になっていたのかも知れません。

「体調が良くないような気がするけれども、このぐらい平気」だとそのままにしていると、

悪化をして救急車に来てもらう事態になることもあります。

熱中症の対処法

熱中症は、早急に気づいて的確な処置を施せば軽症ですみます。

こちらでは、熱中症のサインを見逃すことがないようにしていきましょう。

死に至ることなども気温が高い場所や湿気が多い所などに長時間いると起こりえます。

多量に汗をかいているのに、水分補給が出来なかったり、

涼しい場所に移動出来なかったりする時に起こりやすいようです。

通常、私たちの身体は「暑い」と感じていると体温調節機能が機能し、汗が出てきます。

汗をかくことにより、全身の熱を身体の外側へと逃しているのです。

しかし、汗が出ているのに水分が補充出来ない場合は脱水症状を起こしてしまうものです。

これが異常を来たすとけいれんをひき起こしたり、意識障害をひき起こしたりしてしまうわけです。

熱中症の症状は、脱水症状だけとは限りません。

重症になると体温調節機能が働かなくなってしまって、

汗が出なくなってしまいます。そして体温が異常に上昇してしまった結果、

細胞が変性・破壊されてしまって、多機能不全になって死にいたることになるでしょう。

子供、高齢者は、特にご注意下さい子供と高齢者は熱中症にかかりやすいとされています。

汗腺が少なく汗が出づらいということに加えて、

体温調節機能が低下しているので体温が上昇しやすいからなのです。

ほかにも、暑さや喉のかわきを感じにくいためエアコンなどを使用することなく、

水分補給も少ない高齢者が多くみられるのです。家でも熱中症になることがあるのでご注意ください。

また、幼い子供も自分で暑さを訴えることが行えません。

そのおかげで、ぐったりしてから気付くことになってしまいます。

ベビーカーを利用する人は多いのですが、

真夏にはアスファルトの照り返しは60℃近くになることが考えられます。

大人と比べて地表に近い高さであるベビーカーは、実に危険なのです。

熱中症のサインとは

口が強く渇くめまい、立ちくらみがする

生あくびが頻発する頭痛がする

吐き気や嘔吐がある

手足のけいれんが出ることは、要注意

身体がだるくなりまっすぐに歩けないふらふらしてしまう

急に汗が出過ぎたり、出なくなったりする

意識がなくなる、混濁する 応急処置としてはまずは涼しい場所に移り、

水分補給をしてもらいたいです。

熱失神や熱疲労では脳に血液が回りづらい状態になっているので、

休ませる時は頭よりも足を高くした方が良いでしょう。

水やお茶ではなく塩分入りのものを飲むようにすると良いいでしょう。

まとめ

熱中症のサインの症状がみられたら、早急に処置をする。まずは、

症状を周りで確認しておくことが重要です。水分補給を忘れずにする。

スポンサードリンク

 - 情報, 熱中症