役に立つ情報fan8!

Useful info! fan8 年間を通して役に立つ情報配信!

比較的メダカの飼育は簡単で癒される!オススメ飼育方法!

      2017/08/30

sponsorrink

メダカを知ること

メダカを知ることから始めてみましょう。

メダカ、日本メダカともいう
メダカ科に属している魚でミナミメダカとキタノメダカの2種にわかれている
淡水魚。3.5㎝ぐらいの体長があります。

観賞魚のメダカは品種改良されてヒメダカなどがいます。
観賞魚は古くは江戸時代には親しまれていたようです。

メダカがいるところは、流れのゆるやかな川や田んぼで、
流れの緩やかな浅瀬です。


形は背びれは後ろの方にあり腹びれは前後に長く
胸びれと腹びれはメスの方が大きい背びれと尻びれはオスのほうが大きい

生息する地域!

キタノメダカ

日本の日本海側、東北、北陸地方に多く淡水から汽水域に生息。

ミナミメダカ

日本の太平洋側、中国地方、四国、九州、南西諸島
に多く淡水から汽水域に生息。

普段はプランクトン、ボウフラを好んで食しています。
その他に海外にも多く生息している。
産卵では約10個の卵を生み、
通常は春から夏にかけ産卵します。

かつては、動揺の「めだかの学校」でも歌われたように
メダカの群れが普通に見られ癒しのばでしたが
現在では絶滅危惧種となっていて保護活動が進められています。

生息する期間、寿命は?

自然環境でのメダカの寿命は
長く生きて2年ぐらい
自然下での生息には問題があって
気温の変化、水質の悪化、えさが安定して取れない
変わってくる自然環境では長く生息することは難しくなっています。

飼育環境で生きられる年数は3、4年です。
うまく育てて6年ぐらい生きたということも
あるようです。

◊私の場合は、3年に届かずでしたが飼っている間は
他のペットと同様に状況などが気になり
鑑賞している時間も忘れるほど癒されていました。
現在は仕事の方が出張が多く、飼っていませんが、また
余裕が出来次第、比較的飼うのが簡単なのでメダカを飼育する予定でいます。

飼育する準備をしましょう!

水槽の準備

水槽は初めは様子を見て安いものからでも
十分です。
3000円前後からでているので、あわてて買って後悔しないように
何度かホームセンターやペットショップなどを見て検討してみて下さい。

水槽の種類は

アクリル製とガラス製と分けられます。
アクリル製は比較的安く購入できますが
何年か経つとひびが入ったりすることも考えておきましょう。

ガラス製はある程度の年数はもつようで
耐久性もいいようです。

♦どちらにしても寿命があるものなので購入する先で
詳しく聞いてから購入するようにしてください

合わせてろ過装置、水草なども聞いてみるといいと思います。


∗こちらで、⇒水槽など調べてみました。
楽天市場で調べてみましたのでメダカなども検索してみて
どういう物があるのか確認して見るとよいと思います。

飼育するメダカの種類

メダカの種類と値段!

メダカを観賞用として飼っているひとも増えてきていて
メダカの種類も品種改良で光るメダカや色鮮やかなメダカなど
種類も値段もいろいろです。

•黒メダカ
•ヒメダカ
•青メダカ
•白メダカ
•黄金メダカ

5種類出しました、まだ種類はありますが黒メダカは1匹100円からあります
黄金メダカは黄金に色ずいたメダカで1匹2000円ほどします
初めの内は黒メダカやヒメダカといったところで飼育してみて下さい。

メダカも楽天市場で検索してみました。
こちらから、⇒メダカの金額を確認して見て下さい。

えさなどは、100円ぐらいからありますので安い方です。
えさの与える回数は4,5日に1度ぐらいで十分です。
こちらに関しても、メダカ購入の際に説明書のようなものが
ついている場合もありますのでこちらをチェックするか
購入の際に不安なことは聞いておくといいでしょう。

ちなみに鰹節の粉上の物は食べてくれます。
家にあるものでも食べるものはあると思います。
試してみてもいいと思いますよ。

メダカと一緒に飼えるものはあるの?

しばらく飼っているとなんか寂しい
もう少しメダカを増やすか、違う物を飼ってみたいと思ってきます。
そんな時に一緒にできるものを見ていきましょう。

◊体長はほぼ同じの食欲旺盛繁殖もすごいあるという
グッピーです。
でも熱帯魚なので、ヒーターを使った際に混泳できます。


◊どじょうは小さいサイズであれば大丈夫なようですが
あまり大きくなるとメダカを食べてしまうので注意が必要です。
一緒に飼う場合は常温で大丈夫です。

メダカ同士でも大きさから食べられてしまうことが
ありますので気を付けて下さい。

メダカの繁殖

メダカを飼っていると繁殖させたいと思うようになってきます。
繁殖時期の春先には水温も18℃ぐらいに調節して
産卵がしやすいようにしてあげるとスムーズに進むようです。


産卵には水質環境も影響してきます。
産卵が無駄にならないようにいろいろと知識を得てから
備えていきましょう。

まとめ

メダカは比較的丈夫な魚で比較的手軽に飼育できるので
人気もありますが、生き物なので生きていく環境を
与えていく必要があります。

見た目でも弱り具合など判断できますので
その時には水温の調整や水質など確認して下さい。


sponsorrink

 - メダカの飼育, 情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。