役に立つ情報fan8!

Useful info! fan8 年間を通して役に立つ情報配信!

子供の成長を祝う七五三の由来と時期、祈願のやり方

   

sponsorrink

七五三の由来

七五三(しちごさん)は、7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う年中行事で
神社などで七五三詣(しちごさんもうで)
を行ってご報告、感謝、祈願を行う奉告祭。


江戸幕府、徳川綱吉の長男、徳川徳松の健康を祈って始まったとされている
説が有力です。
11月15日は子供の成長を祝って神社やお寺にお参りをする行事
現在では全国で盛んに行っていますが、元は関東地方での行事でした。
そこから京都、大阪で行われだんだんと全国へと広まったようです。

七五三の時期は

七五三の時期は、15日は鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり何をするにも吉とされた。

11月は収穫を終えて実りを神に感謝する月でその月の満月の日である15日に
感謝を兼ねて子供の成長を感謝して祈るようになった。

現代では数え歳ではなく満年齢で行う場合も多い。
日にちも、11月15日にこだわらず行うことが多い。
北海道などは1ヶ月早めに行う場所もあるようです。

七五三の各年齢の意味は

その年齢にやる行事は実際には別々の異なった行事があり
3つの行事を「七五三」と呼んだため本来の神事が薄れ
同じ行事のように思われている
地方によっては今でも年齢により祝う内容も異なっている所もある。


関東地方では

•発祥との関東地方では数え歳3歳「髪置きの儀」主に女の子、
3歳までは髪を剃る習慣があったのでそれを終了する儀である。

数え歳5歳「袴儀」、男の子が行う。袴を着用し始める儀。

数え歳7歳「帯解きの儀」で女の子が行う大人と同じ帯を結び始める儀。

上方発祥として十三詣り(じゅうさんまいり)があり徐々に広まりつつある。

千歳飴

七五三では親が子に長寿の願いを込めて千歳飴(ちとせあめ)を食べて祝う。
千歳飴は、鶴亀、松竹梅の縁起ものが描かれた袋に入れられている。

和装か洋装か!

基本、七五三は和装です。
日本人ならではの正装で我が子の成長を家族でお祝いする。

子供はなれない和装での移動は、疲れて機嫌が悪くなったり
する可能性もあるので、荷物に余裕がある場合は、
詣でが終わり、写真館での撮影を終えたらいつもの服装を用意しておくといいでしょう。

注意:子供が和装に着替えてからのトイレに気を配ってください。
トイレは込み合います、子供にもすぐに言うようにつてえておくようにしましょう。



和装の場合は皆さんレンタルを利用するようです。
その際に、問い合わせは9月に入ると同時に予約して、
気に入ったものを着させてやりたいものです。

記念の写真館での撮影も余裕をもって予約しておかないと
後日撮影となるので、気をつけて下さいね。

おさがりの和装もメンテナンスなどすることはあります。
子供の体に合っているのか、調整をしてもらって
クリーニングにも出しましょう。

お祝いの会食は!

七五三のお祝いの会食はホテルや飲食店、家でやる際も
家族はもちろんですが、親せきなどを呼んで
子供の記憶に残る様に祝ってやりたいものです。

♦七五三のお祝いで楽天で検索してみましたので
活用してみて下さい。

七五三のお祝い

まとめ

七五三をお祝いするのも子供、親と
疲れると思います。
子供の成長のお祝いなので、記憶に残るように
祝って上げれたらと思います。
可愛い子供の成長を楽しみに頑張りましょう。


sponsorrink

 - 七五三, 行事 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。